FXトレードで予想を外してもロスカットがあれば安心!?

No comments »

FXは為替相場の動きを予測し、予想通りに動けば利益となり逆の動きをすれば損失になる、という投資スタイルです。
内容自体はとてもシンプルなので初心者でも挑戦しやすい投資ですが、勝ち続けられるかどうかはまた別の話になります。
勝ち続ける為にも、情報収集やテクニックは必須!
それらを身につけるのに苦労する方は決して少なくありません。
しかし近年ではFXに興味を持ったり、実際に始める方は増えているようです。
その理由は様々ですが、ロスカットがあるというのも大きな要因となっているでしょう。

ロスカットとは自分の予想が外れて為替相場が逆の動きをした場合、なるべく損失を抑える為のリスク管理のことです。
例えば、為替が上がると予想したのに実際下がってしまった時、予め決めておいたラインよりも下回る時に自動で決済してくれます。
つまり、自分で○○円まで下がったら自動決済してくれるように設定しておくことができるのです。
当たり前ですが、仕事をしている時や睡眠中でも関係なく為替は動いていますよね。
皆が皆、常にトレードできる環境にいるわけではないので、これでは為替相場の動きが気になって日常生活に支障が出てしまった…なんて事にもなり兼ねません。
しかしロスカットがあることで損失を最小限に抑えられ、日常生活にも支障が出にくくなるのでFXトレードもしやすくなります。

外貨預金で投資にチャレンジ!米ドルとユーロが無難!?

No comments »

日本の銀行で定期預金しても利息なんて1%以下だし…、と思っている方は少なくないでしょう。
これは日本が世界の中でも超が付くほどの低金利国だからです。
投資や資産運用に興味を持っているなら、高金利国の通貨も取り扱っている外貨預金を始めてみてはいかがでしょう?

外貨預金とは外国為替取引の1つであり、日本円を外国の通貨に換えて預け入れる金融機関や証券会社で取り扱われている金融商品です。
外国の通貨には米ドルや豪ドル、NZドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフラン、南アフリカランド、トルコリラなどがあります。
どの外貨にするのか選ぶのも迷いどころですが、米ドルは基軸通貨として信用度が高い為、人気も当然あります。
さらに米ドルに続き取引量が多いユーロもまた近年注目されている通貨です。

外貨預金を始めるにあたって円高と円安についての知識、そしてリスクもしっかりと覚えておかなければ大損してしまうことも…。
例えば日本円から外貨に、外貨から日本円に換える時は為替手数料がかかる事、また為替変動によっては元本割れする事もあります。
「こんなはずじゃなかった」「知らなかった」では済まされないので、あらかじめ知識は身につけてから投資しましょう。

金利と為替レートに影響を与えやすい基軸通貨とは?

No comments »

FX取引には、普段あまり聞き慣れない単語がいろいろと出てきますよね。
例えば基軸通貨。
この単語の意味を説明できる方は、トレーダーや投資に関わる仕事をしていないと少し難しいかもしれません。
FX取引をするのに欠かせない為替レートにも関わるので、この機会に覚えておきましょう。

基軸通貨とは世界で基準となる通貨のことをいい、2016年1月の段階では米ドルになります。
例えば日本とアメリカが貿易を行うと、その決済は米ドルで行われます。
しかし相手がアメリカでなくても、決済は同じ米ドルです。
アメリカが関わっていないのに何で?と、思われた方もいるかもしれませんが、これはどの国の通貨よりも米ドルが信用されていて世界中に流通しているからなのです。
基軸通貨になる為には“世界一の経済力”と“世界一の軍事力”を持っていることが条件で、今は中国がその位置を狙っています。

基軸通貨の意味を理解したところで、今度は為替レートとの関係性について説明します。
実は基軸通貨を保有しているアメリカは世界に与える影響力がとても強く、金融政策や経済指標、それに景気動向によっては一気に為替レートが動くことがあります。
低金利国は為替レートが低く、逆に高金利国は為替レートが高い傾向が見られますが、アメリカの動きや発言によっては逆転することも無いとは言い切れません。

トルコリラでスワップポイント以外の資産運用にトライ

No comments »

スワップポイントで資産運用をしている方にとって、トルコリラは無視できない高金利通貨ですよね。
しかしトルコリラはスワップポイント以外にも、トラップリピートイフダン略して“トラリピ”というFXの発注管理機能でも注目されている通貨なのです。

通常、FXには買い注文と売り注文の2種類があり「もし○○円で買えたら、そのあと○○円で売っておいて」と2つの注文を一度に出せるイフダンという方法があります。
トラリピはこのイフダンにリピート機能をつけることで、1度の取引で終了するのではなく買→売→買→売を繰り返すことができるのです。
しかも注文する際に自分で設定した回数だけ自動的に繰り返してくれるので、24時間売買のチャンスを見逃すことなく有利に資産運用することが可能です。

トラリピでは安値から高値への高低差よりも、値動きがどれだけあるかがポイントになります。
つまり高低差は少なく、値動きが多い通貨ほどトラリピ向きと言えるのです。
そして、これに適している通貨こそトルコ共和国のトルコリラであるということです。
ちなみにトルコリラ以外にもNZドルと豪ドルもまた、相性のいい通貨として注目されています。
もしスワップポイントだけではなくトラリピに興味を抱いた方は500円を積み重ねるFX?をチェックしてみてください。

FXトレードで注目度の高い豪ドルは金利も高い!

No comments »

外国為替証拠金取引というと何だか難しいように思われがちですが、実際は初心者でも覚えやすい投資なのです。
ちなみに外国為替証拠金取引では名前が長いので、FXトレードと呼ばれたりもしています。
簡単に説明すると米ドルや豪ドル、ユーロなど外国の通貨を売買し利益を得る取引のことを言います。
為替相場の動きを予測し売買しなければいけなく、当たれば利益ですが外れれば損失となります。
FXトレードは買いポジション、売りポジションどちらからでもスタートできるのでインフレやデフレに関係なく取引開始ができます。

実際にFXトレードを始める前に、幾つか身につけておかなければいけないことがあります。
まずはチャートの見方です。
チャートでは過去の動きを見ることが出来るので、今後どのように展開するのかを予測する材料源になります。
また分析方法や経済市場の情報収集なども徹底的に行うようにしましょう。
あとはスワップポイントについても覚えておくと、よりFX取引が面白く感じられるかもしれません。
スワップポイントとは通貨を売買するのではなく、低金利通貨と高金利通貨の金利差で利益を得る投資のことを言います。
近年、高金利通貨として注目されているのはトルコリラや豪ドル、NZドルなどなど。
低金利通貨の日本円との相性は良い!と言われています。